ご挨拶

d0012820_10275716.jpg

思っていた以上に、ブログを長期間ほったらかしにし、戻ってくるのか来ないのか、現状も近況も書かないままで申し訳ありませんでした。

結局、ダンナおさがりPCは余震の日に壊れ、ずっとPCのない生活をしていました。
もうたぶんずっと買える日は来ないだろうと思っていましたが、
ひょんなことから、買えることになり、今新しいPCから初めてログインして
久しぶりにブログを書いていますが、操作も忘れてしまって戸惑っています。

写真は、カメラに残っていた夜桜マカロンの画像です。ご報告のときのマカロンと同じです。

今年は、本当にジェットコースターのような一年でした。



私の自宅マンションは半壊認定を受けましたが、幸い暮らすのに不都合はなく、今は元通りの生活をしております。
ただ娘の学校の体育館はいまだに修理着工のめどすら立たず、使えないままです。
今は元通りになったなあという部分と、そういえば震災からあのままだったなあという部分が入り混じったような状況です。


震災後、私は海沿いに縁が多かったもので、しばらくは平日仕事、土日は被災地へ救援物資を届けに行く日々が続きました。
もともと身体の丈夫なほうではない私ですが、あのころは何かをやっていないと心がもたなかったのだと思います。
塩釜、多賀城、七ヶ浜などに通いましたが、避難所でうまく善意が伝わらないこともあり、落ち込んだりもしました。
母は志津川に通っていましたので、志津川に持って行ってもらう食料や衣料品、果物、薬などを買うため当時は通常営業でなかったお店をまわったりしました。
志津川から避難してきて親戚の家を転々としていた大叔母に会いに行ったり、お化粧品を届けたり、とにかくできることならなんでもやりました。

5月にようやく、津波で亡くなった叔母の葬儀を行うことができ、それが終わってからしばらく寝込みました。
気が抜けたというか、疲れが来たというか、心に空洞ができたような感じでした。

しかし、6月に娘が出たピアノコンクールで本選に通ってしまい、本選では3曲弾かなければならないのに日程も変わって練習時間がなく、あの時は土日は10時間くらいピアノを弾いていた娘のためにメニューを考えたりマッサージをしたり、本当に気を遣いました。
本選では入選でしたが、音大生などに交じって最年少での演奏だったので、とにかく無事に終わっただけでもホッとしました。(ちなみにテレビでも放送されました)

夏にはまた被災地をまわり、まだまだこんなにも爪痕が残っているのだと、忘れかけていた気持ちがよみがえってまた悶々としました。
志津川は本当に何もなく…言葉を失うばかりでしたが、亘理や岩沼、名取などは、建物は残っているもののよくみると1階部分がなくなっていて無人の町と化しているのがよけいに痛ましかったです。
震災から半年ほどたっているのに田んぼに転がる船が、メッセージを発しているような気がしました。

8月末から、騙しとおして頑張っていた私の体が悲鳴を上げ始めた気がします。
最初はめまいでした。今までも弱ると耳にきてしまい、めまいと耳鳴りがすることがあったのですが
今回はとてもひどくて、病院に通い薬も飲みました。
今でもたまにあるのでいつでも飲めるように常に薬を持ち歩いています。

そして、笑っちゃうようですが9月には自宅風呂場で転倒しw左足靭帯損傷。
2週間固定し、治るのにしばらくかかりました。
10月からはジベル薔薇色粃糠疹という謎の皮膚病に悩まされ、これも通院中でまだまだ治っていません。
11月は仕事が忙しく残業していた時に手をザックリ切ってしまい救急病院へ(治りましたが傷跡残っています)
そして12月…気を取り直して、人生初挑戦の第九にチャレンジしようと思っていたところ
愛猫が急遽体調を崩し、夜中に救急動物病院へ。
なんともないことを願いましたが、血液検査の結果肝臓の数値がかなり悪いといわれ
足がガクガクして立っていられないほどショックでした。
そのまま入院、そして朝にかかりつけの病院へ入院。
でも病院が怖くて、ごはんも食べずトイレもしないという状態なので、帰宅を許され
自宅で回復したら通院ということに。(かなりのビビりです)

今は自宅でだいぶ元気に回復してきましたが、これから肝臓の治療が始まると思いますので、頑張って支えてあげたいと思います。

あ、でも健気なことに第九の本番前は元気になってきていたので、ダンナが留守番をしてくれて、本番は歌うことができました。
第九は通称「よろこびの歌」ですが、うれしいから歌うのではない曲なのだと、歌詞や色々なことを通してよくわかり、歌い終わったときは感無量でした。


そして、ブログのことですが…
正直、もうやめようと思いました。
その気持ちは95%以上あったと思いますが、何しろPCがないので作業もできず…

理由のひとつは、もちろんPCが壊れカメラも怪しく、ブログの更新の環境がないことでしたが
一番は、震災ショックでお菓子が作れなくなったことでした。

色々な現状を見ているだけに、お菓子なんか作っていいのか、いやむしろ作りたくない、という気持ちでいっぱいでした。
また、私たちが水もガスもなく苦労しているとき、お菓子を作ってアップしている人たちのブログなんかを目にしたとき、やはり「やりきれなさ」を感じましたので、自分はそうありたくないという気持ちもありました。
その方たちに罪はありません。感じる側が悪いのです。というか、それほどまでに気持ちが弱っていたのだと思います。
節電も深刻でしたので、とにかく夏の間は全くお菓子作りはしませんでした。

でも、そんなとき友人がまた私の作った「玉手箱のような」ケーキを食べたい、と言ってくれました。
その表現と友人の温かい気持ちが嬉しく、ロールケーキからリハビリをしていきました。
マカロンに至っては、震災前日に作っていたこともあり、再び作るまでに8か月もかかりました。

でも、そんな友人がホスピスに入ってしまうという事態になるなんて、誰が予想したでしょうか。
このことも、かなり私に打撃を与えました。

私は震災後、記録するということに一切執着しなくなりました。
だから、このブログを復活させるにあたっても、前のようにお菓子を作ったら記録として、できればなるべく綺麗に残す…という意気込みはそれほどありません。
被写体も未熟なら写真も適当、でもたまになら更新していこうかな…って感じのスタンスです。
でもこのブログは、PCが復活した今唯一の記録ですので、大切に残しておこうとは考えています。

そんな感じで、ご訪問いただく皆様には期待しているようなものは全く出せないと思いますが、たまに写真とともに更新していければと思います。
お菓子作りの腕も一気になまけた、私のリハビリの記録になってしまうのでお目汚しかと思いますが…

もし見てくださっている方がいらっしゃいましたら、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by witchery_yuko | 2011-12-31 11:07 | マカロン

yukoです。趣味のお菓子作りの記録です。お菓子は習ったことがなく見よう見まねなので正統派ではないですが、目で楽しめ、食べておいしい、人を幸せにするお菓子作りを目指して楽しんでいます。


by witchery_yuko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

焼き菓子
生ケーキ
ロールケーキ
シフォンケーキ
タルト・パイ
プリン・ゼリーなど
パウンドケーキ
チーズケーキ
スコーン
マカロン
クッキー
ジャム・コンポート
アイスクリーム
チョコレート
特別な日のお菓子

以前の記事

+++about me+++

HN : yuko
mixiではHeatherです。
どちらでもお好きなほうで呼んでください。

画像の無断転載はご遠慮ください。

メールはこちらまで
(C)Witchery yuko All Rights Reserved.

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧